文字

東京六大学野球、慶大と東大先勝 第5週1回戦

 慶大―明大 7回、右越えに本塁打を放つ慶大・岩見=神宮

 東京六大学野球リーグ第5週第1日は7日、神宮球場で1回戦2試合が行われ、慶大が延長十回の末に明大を5―4で下し、東大は9―2で法大を破った。慶大の岩見は七回に4試合連続となる5号ソロを放ち、連続試合本塁打のリーグ記録に並んだ。東大は3―0の五回に宮台の適時打などで5点を奪った。宮台は完投で今季2勝目。

 4試合連続本塁打は2015年秋に慶大の横尾俊建(現日本ハム)がマークして以来で4人目。岩見は春秋合計10本塁打で年間最多記録まであと1となった。通算は19本で4位タイとなり、高橋由伸(慶大、現巨人監督)が持つ最多記録の23本まであと4とした。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.