文字

伝統の長崎くんち始まる 笛や太鼓、異国情緒あふれ

 伝統の祭り「長崎くんち」で奉納される銅座町の「南蛮船」=7日午前、長崎市の諏訪神社

 江戸時代初期から続く秋の大祭「長崎くんち」が7日、長崎市で始まった。笛や太鼓のにぎやかな音が街に響き渡り、異国情緒あふれる踊りに見物客が歓声を上げた。9日まで。

 長崎市の諏訪神社では、町単位の「踊町」が趣向を凝らした出し物を奉納。「銅座町」は、高さと長さが5メートルを超え重さが約5トンある朱色の「南蛮船」を20人ほどの男衆が勢いよく回転させた。観客は、アンコールを意味する「モッテコーイ」の掛け声を上げた。

 長崎くんちは1634年に始まったとされ、旧暦の9月9日に行われたことから「くにち」の音が転じて「くんち」になったといわれる。
カテゴリ:

【くらし・話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.