文字

阿部、平沼氏は無所属 自民発表 衆院選岡山3区、阿部氏は党推薦

 自民党は6日、衆院選の岡山3区で公認を争っていた比例中国前職の阿部俊子氏(58)、新人の平沼正二郎氏(37)をともに無所属で立候補させ、当選者を追加公認すると正式に決定した。阿部氏は党推薦とした。

 塩谷立選対委員長は「両者が成り立つよう(小選挙区と比例の候補を選挙ごとに入れ替える)コスタリカ方式も考えたし、さまざまな選択肢を提言したが合意に至らなかった。あらゆる状況を考え、最終的に雌雄を決していただくという判断になった」と述べた。

 岡山3区は2014年の前回選挙で、平沼氏の父・赳夫氏が次世代の党から出馬し当選。自民の阿部氏は比例復活した。赳夫氏は15年に自民へ復党後、今回の衆院解散を機に引退し、後継として正二郎氏が立候補を表明。阿部、平沼両陣営から公認申請を受けた党岡山県連は党本部に調整を委ねていた。

 岡山3区には、希望の党元職の内山晃氏(63)、共産党新人の尾崎宏子氏(61)も立候補を予定している。

 自民は全小選挙区で候補者調整を終えた。
カテゴリ:

【2017衆院選岡山】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.