文字

備中国分寺 心和む日本の風景 おかやま音な旅

ライトアップされた赤米の稲穂と備中国分寺=9月13日撮影

 備中国分寺(総社市上林)南側に広がる古代米・赤米の稲穂。爽やかな秋風を受けて揺れる姿が人々に安らぎを与えてくれる。

 時の移ろいとともに雲がさまざまなコントラストを描きながら流れる。日が沈むと、田んぼと五重塔がライトアップされ、幻想的な風景が浮かび上がった。

 赤米の稲穂を眺めていると、聞こえてくるのは虫の音。秋の夜、古くから続く日本の風景に心が和む。

カテゴリ:

【おかやま音な旅】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.