文字

〈やせ蛙まけるな一茶これにあり…

 〈やせ蛙(がえる)まけるな一茶これにあり〉。俳人・小林一茶と言えば、小さな生き物にまで慈しみの目を向ける情に厚い人を思い浮かべる向きも多かろう▼ところが一茶には父の没後、異母弟と骨肉の遺産争いを繰り広げた別の顔がある。信濃の農家に生まれて15歳で江戸へ出た。好きな俳句ざんまいの生活を送り、故郷を顧みることは少なかったが、父が亡くなったとたん、残された財産の半分は自分のもの、と家業を支えていた弟に要求した▼10年余りも争い続けて水田や畑、山林、屋敷の半分を手に入れた。もめていた期間中、本来は入るはずの小作料が得られなかったにもかかわらず、ちゃっかりと請求したという。「一茶の相続争い」(高橋敏著)に詳しい▼そんな逸話を思い起こさせたのが、民進党の分裂劇である。衆院選を目前に混乱を続けた揚げ句、希望の党と立憲民主党に分かれた▼党の看板の値打ちは低下していたとはいうものの、野党第1党として相続に値する資産は多い。一度は政権を担った人材、地方組織や資金、労組が主軸となった支持基盤などだ。そうした資産を巡る思惑も透けて見える▼一連の政界再編劇では、自らの当落ばかりが気にかかるかのような政治家の振る舞いも目につく。政治では一番大切なもの―。有権者からの「信頼」という資産を失わねばよいのだが。

【滴一滴】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.