文字

学芸館・山陽・倉敷商・創志4強 秋の岡山県高校野球大会第3日

【山陽―興譲館】2回裏山陽2死一、二塁、森下が右中間本塁打を放ち、5―0とリードを広げる。捕手山内=倉敷マスカット

 来春のセンバツにつながる秋の岡山県高校野球大会(山陽新聞社後援)第3日は30日、倉敷市のマスカットスタジアムと市営球場で準々決勝4試合があり、学芸館、山陽、倉敷商、創志学園がいずれも無失点勝利を収め、4強入りを決めた。

 学芸館は主戦金村が城東打線を封じ、2010年以来となる準決勝進出。山陽は序盤の攻勢で興譲館を下し、倉敷商は河野―引地の継投で玉島商を破った。創志学園は先発鷹江が好投し、倉敷工を退けた。

 第4日の1日はマスカットスタジアムで山陽―学芸館(午前10時)と倉敷商―創志学園(午後0時半)の準決勝が行われ、勝者は中国大会(27~29日、11月4、5日・広島県)の出場権を得る。

 ▽準々決勝

城東
000000000|0
10200011X|5
学芸館

▽二塁打 新田▽暴投 遠藤、増渕2

 【評】学芸館が完勝した。一回2死満塁から福原の右前打で先制。三回は相手投手の暴投二つ、七回にはスクイズで加点し、突き放した。投げては右の金村、左腕倉川とつなぎ、バックは無失策でもり立てた。

 城東は投手陣が10与四死球とリズムをつくれず、攻めては七回1死一、二塁を二ゴロ併殺で逃したのが痛かった。


興譲館
000000000|0
14000000X|5
山陽

▽本塁打 森下
▽三塁打 小野剛▽二塁打 山内、有本、森下

 【評】山陽が快勝した。一回、中越え三塁打で出塁した先頭小野剛を森下の右前打でかえして先制。二回は岡本の左犠飛と森下の右中間3点本塁打で加点した。ただ、その後はもう一押しができず、残塁は12を数えた。右腕有本は四回以降、安打を許さず、計10奪三振で完封した。

 興譲館は二、三回の好機を逃し、波に乗れなかった。


玉島商
000000000|0
00021100X|4
倉敷商

▽三塁打 河野▽二塁打 福家2▽暴投 石崎

 【評】倉敷商は三回以降、走者を出した4度とも併殺で切り抜けるなど、堅守で流れを引き寄せた。制球に苦しんでいた右腕河野は徐々に丁寧な投球を取り戻し、8回無失点。引地が威力満点の直球で締めた。四回2死一塁から福家が左翼線に落ちる二塁打を放ち、これが決勝打となった。

 玉島商は序盤の先制機をものにできず、左腕石崎の粘投に報えなかった。


倉敷工
000000000|0
10100001X|3
創志学園

▽二塁打 岡本、森末▽暴投 江平、徳永、鷹江

 【評】創志学園が序盤で流れをつかみ、零封勝ちした。一回、先頭宮崎の安打と犠打で1死二塁とし、岡本の適時二塁打で先制。三回は2死三塁から中山の中前打で加点した。先発の右腕鷹江は要所を締め、7回0/3を無失点。

 倉敷工は3安打ながら四、九回以外は走者を出したが、バントの失敗や走塁ミスなどが響き、主導権を握れなかった。
カテゴリ:

【高校野球】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.