文字

ファジ観戦学生1000人目指す 10月1日大分戦にCスタ無料招待

ポスターを手に学生の来場を呼び掛けるプロジェクトのメンバー

 サッカーJ2ファジアーノ岡山はシティライトスタジアム(岡山市)で行われる10月1日の大分戦で、大学生や専門学校生を無料招待する「Fagiversity(ファジバーシティ)~学生1000人プロジェクト」を初めて行います。学生サークル「ファジピスタ」の有志が準備した“学生ウケ”を狙ったイベントで千人以上の来場を目指します。

 ホームゲームの平均入場者1万人を目指す「チャレンジ1」の一環。昨年の観戦者調査で全入場者に占める学生世代(19~22歳)の割合が2.3%と低調だったため、観戦の機会を作ろうと企画しました。ホームゲームで年4回、フェイスペインティングなどを行っている「ファジピスタ」の有志10人が中心になって、6月からイベント内容や集客作戦を練っています。

 イベントの目玉は、“インスタ映え”するイベントが好きな学生をターゲットにした「仮装コスプレラン」。コスプレや仮装の格好で、試合前のスタジアムのトラックを一周。途中の特設ブースで写真を撮ってもらい、SNSでイベントの魅力や友人らに観戦に来たことを情報発信してもらう作戦です。このほか学生サークルによる落語やバンドのステージ、うらじゃの演舞、ロープ2本を使う長縄跳び「ダブルダッチ」のパフォーマンスなどで、出演者の友人らの来場も促します。

 プロジェクトの代表を務める藤本怜さん(21)=岡山大3年=は「W杯予選をテレビで観戦するなどサッカーに興味を持っている同世代の人は多いが、岡山でJリーグを見たことがない人が意外に多い。この機会にファジアーノ岡山が身近な存在になれば」と話しています。

 イベントスタートは午前10時からで、キックオフは午後1時。無料入場希望者は午前10時~午後1時、スタジアム前広場特設ブースで学生証を提示すると、A自由席のチケットがもらえます。イベント情報などはツイッター(https://twitter.com/Fagiversity)で発信しています。
カテゴリ:

【ファジナビ2017】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.