文字

食中毒問題で県内店舗が予防徹底 トング交換や洗浄・消毒で対応

総菜コーナーの陳列台を消毒するスーパーの従業員=岡山市

 埼玉、群馬両県の系列総菜店の客が腸管出血性大腸菌O157に感染し女児1人が死亡した集団食中毒を受け、岡山県内の総菜店やスーパーが予防対策に神経をとがらせている。トングなど器具の小まめな交換や消毒に努めており、県なども食品関連事業者に衛生管理の徹底を呼び掛けている。

 前橋市の総菜店のケースでは、トングの使い回しなどにより、店頭販売の段階で別の総菜や客から菌が付着した可能性が指摘されている。

 バイキング形式で総菜約70種類を販売するイオンモール岡山(岡山市)のスーパー・イオンスタイルは、トングやスプーンを品目ごとに置き、一定時間で交換。時間内でも汚れが目立てば随時取り換えており、「子どもらが誤って触れてしまうことも想定され、従業員が目配りしていく」(イオンリテール広報部)とする。

 赤磐市の総菜店は1時間以内にトングを交換し、洗浄・消毒している。それでも「包丁の傷が付くまな板などはどれだけ洗浄・消毒しても不安がある」と経営者男性。今回の集団感染が発覚して以降、カット野菜を利用するなど店内調理を可能な限り減らしているという。

 他の店でも「生食の総菜はバイキングで販売しない」(岡山市のスーパー)「午前中に作った総菜は午後3時に全部廃棄する」(倉敷市の総菜店)といった対応策がみられる。

 県は15日、県内の5保健所に、食品関連事業者に対してトングの衛生的な取り扱いや包装販売への変更を呼び掛けるよう通知。岡山、倉敷両市の保健所も「注意を促していく」とする。岡山市で総菜3店舗を経営する藤田和子社長(63)は「食中毒はいつどこで起きるか分からない。今の対策に満足せず、絶えず見直し、最善を尽くしたい」と話している。
カテゴリ:

【地域社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.