文字

台風18号、岡山に17日最接近 気象台「土砂災害や強風に注意」

 非常に強い台風18号は14日、沖縄・久米島の西北西の海上を北寄りに進んだ。次第に進路を東寄りに変え、16日午後、九州に接近、その後上陸し、中四国を横断する恐れもある。

 岡山地方気象台によると、台風18号は17日昼すぎから夕方にかけ、岡山県に最接近する見込み。

 前線が活発化する影響で、県内は16日から雨が降る予報。同気象台は「最新の台風情報に注意し、土砂災害や河川の増水、強風、高波に気を付けて」と呼び掛けている。
カテゴリ:

【エリア台風・大雨】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.