文字

日本IBMの解雇無効と東京地裁 権利の乱用に当たると判断

 判決後に記者会見する元日本IBM社員田中純さん(左)と弁護士=14日午後、東京・霞が関の司法記者クラブ

 業績が悪いことを理由に突然解雇したのは不当だとして、日本IBMで働いていた田中純さん(47)が雇用継続などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は14日、解雇は権利の乱用に当たり無効だとして、雇用継続と、未払い給与など約1070万円の支払いを命じた。

 判決によると、田中さんは2015年4月に解雇された。吉田徹裁判長は「原告は、顧客対応など、指摘された不十分な点の改善に努めていた。解雇は不合理で、社会通念上相当でない」と判断した。

 田中さんは判決後に記者会見し「一方的な解雇が認められないと裁判所が断じてくれ、ほっとしている」と話した。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.