文字

20代の教員割合増、文科省 小中学校で平均年齢低下

 全国の国公私立の小中学校、高校で勤務する30歳未満の教員の割合が、2013年度より増加したことが14日、文部科学省の16年度教員統計調査(中間報告)で分かった。平均年齢も小学校で0・6歳、中学校でも0・1歳低下し、近年続いている学校現場の若返り傾向が顕著になった。

 文科省は、1970年代の第2次ベビーブームへの対応で大量採用した教員の定年退職が進み、採用が増えていた若手の割合が増加したと分析。ただ、指導や校務で中心的な役割を担う40代の中堅クラスの割合は低めとなり、年齢構成のいびつさも浮かんだ。

 経験豊富なベテランに業務が集中する懸念も指摘される。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.