文字

豊洲、基準120倍ベンゼン検出 地下水調査で最大値

 東京都江東区の豊洲市場=5月27日撮影

 東京都は14日、豊洲市場(江東区)で継続している地下水調査で、8月に採取した水から、飲み水の環境基準の120倍に当たる有害物質ベンゼンが検出されたと発表した。これまで最大だった100倍を超える値で、地下水の汚染状況は続いていることが判明した。

 一方、市場建物内と屋外の空気からは基準を超える有害物質は検出されず、都の専門家会議は「(地上は)科学的安全が確保されている」と評価している。

 都によると、調査では環境基準を超えるヒ素と、検出されないことが基準となっているシアンも再び出た。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.