文字

高齢者は身近な製品に注意を ストーブなど死亡事故126件

 ガソリンを誤給油した再現実験で炎上するストーブ(NITE提供)

 製品評価技術基盤機構(NITE)は14日、石油ストーブや介護ベッドなど、高齢者(65歳以上)の身の回りにある製品を使用した際の死亡事故が、今年3月までの過去5年間で126件あったと発表した。重傷も176件。主な原因は誤使用や不注意によるものだったとして、注意を呼び掛けている。

 死亡事故の内訳はストーブが52件で最多。点火状態で給油し、石油がタンク外にこぼれて火災が起きるケースが多かった。次いで介護ベッドが14件、電動車いすが12件。

 原因は、調査を終えた253件中、誤使用や不注意が152件。リコール対象品の使用など、製品に起因する事故が40件だった。
カテゴリ:

【くらし・話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.