文字

薄暮に交通死亡事故増 秋や冬も、早めの点灯を

 薄暮時間帯の月別事故件数

 警察庁が2012〜16年の5年間に発生した2万431件の交通死亡事故を分析したところ、日没前後1時間の「薄暮時間帯」の事故は2680件で、13・1%を占めていたことが14日、分かった。秋や冬に増加する傾向も判明。21日から始まる全国交通安全運動を前に、同庁は「早めのライト点灯を心掛けてほしい」と呼び掛けている。

 薄暮時間帯の死亡事故を月別で見ると、最多は11月の358件。逆に最少は夏至を迎える6月の119件だった。3カ月間の分析でも、10〜12月は1031件で、400件だった5〜7月の約2・6倍という結果になった。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.