文字

赤い稲穂で表現「逆さ五重塔」 総社・備中国分寺南側の田んぼ

備中国分寺南に出現した「逆さ五重塔」(高所作業車から撮影)

 備中国分寺(総社市上林)の南側の田んぼに、五重塔を水面に映したように古代米・赤米を植えて表現した「逆さ五重塔」がお目見えし、観光客らの目を楽しませている。

 逆さ五重塔は、実際の五重塔と同じサイズ(高さ約34メートル)になるよう、6月下旬に総社吉備路商工会の会員ら約30人が苗を手植えした。日増しに色濃くなる秋の気配を受け、赤く色づき始めた稲穂が観光名所の風景に彩りを添えている。

 写真を撮影していた倉敷市の男性(69)は「五重塔と背景の青空、田んぼの緑、赤い稲穂の対比が素晴らしい」と話していた。

 赤米の稲穂が色づくシーズンの吉備路観光の目玉にと同商工会が企画し、3回目。一帯では17日まで赤米の田んぼをライトアップするほか、16日には総社赤米大使の歌手相川七瀬さんらが出演する「赤米フェスタ・ヒカリノミコンサート」(総社観光プロジェクト実行委員会主催)が開かれる。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.