文字

学生らファジの新規事業「提案」 総社で地域活性化テーマに研修会

プレゼンテーションを前に、発表資料を作成する学生ら

 サッカーJ2ファジアーノ岡山を応援する大学生とスポンサー企業の若手社員らがリーダーシップや組織づくりを学ぶ研修会が12、13の両日、総社市で開かれ、「Jリーグを通じた地域活性化」をテーマに新規事業の企画・立案やプレゼンテーションに挑戦した。

 学習塾の能開センターなどを展開するスポンサー企業のワオ・コーポレーション(大阪)が主催。学生サークル「ファジピスタ」に所属する岡山、岡山理科、就実大の学生や県内12社の若手社員、J1ガンバ大阪でインターンシップ(就業体験)を行う追手門学院大(大阪)の学生ら約100人が1泊2日で参加した。

 学生と社会人による七つの混成チームに分かれ、観客動員の実情や地域の特性を分析。13日の成果発表で、ファジアーノと学生が共同でデニムの新ブランドを開発▽選手参加のイベント開催▽学生と企業が共同で新商品を販売―といった新規事業を“提案”した。

 岡山大3年男子(20)は「社会人との交流で視野が広がった」、会社員の女性(29)は「リーダーとしてだけでなく、チームの一員としてどう貢献するかも学ぶことができ、貴重な経験になった」と話した。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.