文字

鶏胸肉のエスニック風しゃぶしゃぶ シェフの家ごはん(17)

 リーズナブルでヘルシーな「鶏の胸肉」が今回のテーマ。ホテルグランヴィア岡山(岡山市北区駅元町)の石中大善シェフに、つるっとした食感が楽しめる「鶏胸肉のエスニック風しゃぶしゃぶ」、野菜がたっぷり味わえる「冷汁風野菜たっぷりのミネストローネ」、ミキサーで簡単に作れる「小松菜とバナナのスムージー」の3品を紹介してもらった。



レシピ(各4人分)

▼鶏胸肉のエスニック風しゃぶしゃぶ

調理の流れを動画でチェック(1分9秒)

材料
鶏胸肉300グラム、かたくり粉適量、塩10グラム、水1リットル、おろしショウガ15グラム、レタス2分の1玉、ゆで卵2個、赤パプリカ、黄パプリカ各2分の1個
ドレッシング用
サラダ油大さじ2、レモン汁小さじ1、ナンプラー大さじ2、スイートチリソース大さじ2、カレー粉小さじ2分の1

作り方
①ボウルにドレッシング用の材料を全て入れ、混ぜ合わせる
②ゆで卵を作る
③鶏胸肉を2、3ミリに切り、塩、こしょうしてかたくり粉をまぶす
④湯を沸かし、塩とおろしショウガを加えて沸騰直前をキープ
⑤❸をゆで、ざるにあげて水気を切る
⑥❺とともに、刻んだ野菜、カットしたゆで卵を彩りよく盛り付け、❶をかける

ポイント
・胸肉の火加減に注意。湯は沸騰させないようにして、余熱でゆっくりと火を通す

▼冷汁風野菜たっぷりのミネストローネ

調理の流れを動画でチェック(1分43秒)

材料
ニンニク1かけ、オリーブオイル20cc、タマネギ2分の1個、ジャガイモ(メークイン)100グラム、トウガン5分の1個、オクラ4本、トマト2個、大葉2枚、水500cc、みそ30グラム、固形チキンブイヨン、黒こしょう各適量

作り方
①ニンニクはみじん切り
②タマネギ、ジャガイモ、トウガンを一口大にカット
③オクラはいたずりしてボイル。氷水に落として水気を切り、1センチ幅にカット。トマトは一口大に切る
④鍋にオリーブオイルを引き、❶を入れてから中火にかける
⑤香りが立ったら、❷を加え軽く炒める
⑥材料が透き通ってきたら水、固形チキンブイヨンを加える。火が通ったら、別の容器に移して冷蔵庫で冷やす
⑦❻が冷えたらざるを通し、野菜とスープに分ける。スープにみそを溶かす。野菜は器に盛る
⑧野菜を盛った器にスープをはり、トマト、オクラ、刻んだ大葉を盛り付け、オリーブオイルを回しかけ、黒こしょうを散らす

ポイント
・オリーブオイルが冷たいうちにニンニクを入れる。その際、焦がさないように注意する。

▼小松菜とバナナのスムージー

材料
小松菜1束、バナナ1本、リンゴ2分の1個、ハチミツ15グラム、牛乳150cc

作り方
①材料をすべてミキサーにかけ、なめらかになるまでしっかり回す

プロのアドバイスはこちら


【シェフの家ごはん】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.