文字

美作でペルセウス座流星群撮影 月明かりに負けず輝く光線捉える

夜空を照らす月の右上で鮮やかに輝く流星。美作市の大芦高原から南東方向に向けて撮影=12日午後11時50分、三島、石井学芸員撮影

 夏の夜空を彩るペルセウス座流星群がピークを迎えた12日深夜から13日未明にかけ、倉敷科学センター(倉敷市福田町古新田)の学芸員が、美作市上山の大芦高原で撮影。上空を照らす月明かりに負けない鮮やかな光線を捉えた。

 三島和久学芸員と石井元巳学芸員がデジタル一眼レフカメラで写した。今年は満月すぎの月光で夜空が明るく、岡山県地方は雲も広がりがちだったが、12日深夜、雲間から撮影に成功した。

 流星が1時間に10個前後見える条件の中、月のそばで輝く一筋の光などを写し取った三島学芸員は「観測が難しい年だったが、ペルセウス座流星群らしく、雲間でも夜空で派手に輝き、見応えがあった」と話していた。

 同流星群は、冬のふたご座流星群、しぶんぎ座流星群と並ぶ三大流星群の一つ。14日にも1時間に1、2個程度観測できるという。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.