文字

郡上市八幡町で徹夜おどり、岐阜 夏の風物詩、城下にぎわう

 浴衣姿の男女でにぎわう「郡上おどり」の「徹夜おどり」=13日夜、岐阜県郡上市

 国の重要無形民俗文化財に指定され、老若男女が夜明けまで踊り明かす岐阜県の夏の風物詩「郡上おどり」の「徹夜おどり」が13日夜、城下町の風情が漂う郡上市八幡町で始まった。

 郡上おどりは、約400年前、藩主が武士や農民の親睦を深めようと、藩内の各地で行われていた盆踊りを城下に集めたのが始まりと言われ、毎年、7月中旬から9月上旬にかけての夜間、市内の神社や公園などで踊りが繰り広げられる。

 8月13〜16日の4夜は、午後8時から空が白み始める翌日午前4時ごろまで、地元住民や観光客が踊り明かす。

 郡上市は、この4日間で約20万人の人出を見込んでいる。
カテゴリ:

【くらし・話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.