文字

オスプレイ「危険増大」 沖縄国際大、学長が批判

 米軍ヘリ墜落事故から13年を迎え、沖縄国際大での集会後、米軍基地の危険性を訴えデモ行進する人たち=13日午後、沖縄県宜野湾市

 沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場に隣接する沖縄国際大に2004年、米軍ヘリコプターが墜落した事故から、13日で13年となった。大学主催の集会で前津栄健学長は、普天間所属の新型輸送機オスプレイの事故が続いていることについて「県内上空を飛行し、危険性は増大するばかりだ」と批判、日米両政府に飛行場の即時閉鎖や撤去を求めた。

 集会は、ヘリ墜落の発生時刻に近い午後2時ごろから実施。学生や職員ら約140人が集まった。普天間のオスプレイは昨年12月、名護市沖で不時着し大破。今月5日にはオーストラリア沖で墜落した。前津学長は「13年前の惨事を思い起こさせた」と述べた。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.