文字

日米、サイバー攻撃へ対処強化 2プラス2共同文書に明記で調整

 日本に向けられたサイバー攻撃のイメージ=2016年2月(国立研究開発法人情報通信研究機構提供)

 日米両政府は、世界的に発生しているサイバー攻撃について国家の安全への重大脅威と位置付け、サイバー空間での安全保障協力を強化する方針を固めた。ワシントンで17日開催する外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)で北朝鮮などによるサイバー攻撃も念頭に具体的な対応策を協議。協議後に発表する共同文書に両政府の取り組みを明記する方向で調整している。日米外交筋が12日、明らかにした。

 北朝鮮や中国政府の関与が指摘されるサイバー攻撃に対する防御を強化し、最新鋭兵器を含む軍事機密に関わる情報の漏えいを防ぐとともに、通信や交通インフラの防護を図る。
カテゴリ:

【政治】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.