文字

木や土の「動物アート」展示 瀬戸内、木彫りや陶製はし置き

木彫りの動物が多彩な表情を見せる会場

 さまざまな動物アートを展示する“動物園”が、道の駅・黒井山グリーンパークゆうゆう交流館(瀬戸内市邑久町虫明)に登場した。木や土でできた大小の動物たちが多彩な表情を見せ、子どもたちを楽しませている。30日まで。

 ゾウの親子やペンギン、アザラシを描いたイラストをはじめ、ウサギやパンダをモチーフにした陶製のはし置きなど約250点を展示。実物大のワニ、ヤギ、ヒツジ、ゴリラといった木彫り11点も並んでおり、子どもたちが興味深そうに近寄り、そっと頭をなでる姿もあった。

 “動物園”は夏休みに合わせて企画しており、今年で5回目。午前9時~午後5時。入場無料。問い合わせは同交流館(0869―25―0891)。
カテゴリ:

【おでかけ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.