文字

雑誌「暮しの手帖」が読者から戦…

 雑誌「暮(くら)しの手帖(てちょう)」が読者から戦争中の体験記を募ったのは半世紀前のことである。高度経済成長に沸き、戦争の記憶が薄れつつあった1968年夏に出版された特集号「戦争中の暮しの記録」はベストセラーになった▼後に出た保存版は今も書店で手に入る。139編の中には岡山県出身者の手記もある。おかゆに入れる塩もなく、海水をくんで味付けしたという▼戦争の実相を伝える庶民の記録は胸を打つ。加えて印象的なのは特集号に寄せられた当時の若者の感想、さらにはそれに対する戦争体験者の意見だ。保存版ではそれらも読むことができる▼「親から戦争中の苦労話は聞いたことがない。初めて知った」。若者の感想からは戦後20年余りの当時でも、各家庭で戦争体験がほとんど語り継がれていないことがうかがえる▼「戦争が始まってからでは遅い。戦争になる一歩手前のことを話してほしい」。こんな若者の声に体験者は答える。「開戦当初は大多数の国民が熱狂的に戦争を支持した」「戦争は長い間の教育や国民感情の積み重ねによって起きるものではないか」▼戦後72年のこの夏、「暮しの手帖」は再び、読者の戦争体験記を募っているという。国民の8割以上を戦後生まれが占めるなか、あの戦争から学ぶ重要性は増している。いまの時代を、次の「戦前」にしないために。

【滴一滴】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.