文字

国連本部研修の中学生が活動報告 県庁で林、佐久本さんが知事に

国連本部での活動を報告する林さん(右)と佐久本さん

 日本青年会議所が公募した「少年少女国連大使」の一員として、米ニューヨークの国連本部で国際社会の課題を学んだ岡山学芸館清秀中1年林桜子さん(13)、新見南中1年佐久本大さん(12)が9日、県庁を訪れ、伊原木隆太知事に活動報告した。

 大使は、全国から選ばれた小学5年~中学2年の男女30人。7月31日~今月5日に国連本部で研修し、国連の歴史や役割を学び、貧困や飢餓の解決策などで意見を交わした。

 2人はこの日、推薦した新見、備前の両青年会議所メンバーらと訪問。林さんは「貧困の連鎖を断つには教育が必要。誰もが無料で学べるアプリを作るのが目標」、佐久本さんは「飢餓問題では水が飲める国は少なく、空気中から水を集める方法を研究したい」と話した。

 知事は「今回の経験を周りの友人らに伝えてほしい」とねぎらった。
カテゴリ:

【教育】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.