文字
  • ホーム
  • 国内外
  • 主要
  • 台風接近、豪雨被災地は厳重警戒 福岡、大分1万6千人に避難指示

台風接近、豪雨被災地は厳重警戒 福岡、大分1万6千人に避難指示

 土砂を撤去する住民ら=6日午後、福岡県朝倉市

 九州北部の豪雨で甚大な被害を受けた福岡、大分両県では6日、台風5号の接近に備え、住民約1万6千人に避難指示を出すなど二次災害の防止に厳重な警戒をした。豪雨による土砂や流木が今も大量に残り、自治体は土砂崩れ現場を補強するなどの応急対策を実施。住民らは避難所に身を寄せ、不安を募らせた。

 福岡県朝倉市は6日午後、特に被害が大きかった8地区の4480世帯約1万1600人に避難を指示した。

 福岡県東峰村も3地区の計179世帯442人に避難を指示した。

 大分県日田市は1480世帯約4千人に避難指示を出し、30カ所以上の避難所を用意した。
カテゴリ:

【全国台風・大雨】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.