文字

メジロ違法捕獲・飼育で書類送検 容疑男を岡山中央署

男性が飼っていたメジロ(岡山中央署提供)

 無許可でメジロ12羽を捕獲、飼育したとして、岡山中央署は1日、鳥獣保護法違反容疑で、岡山市の無職男性(74)を書類送検した。

 送検容疑は7月11日、自宅の鳥籠12個の中に、自分で捕獲したメジロを1羽ずつ入れ飼育した疑い。

 同署によると、男性は「子どもの頃から興味があり、飼ってみたいと思っていた。約15年前から自分で山林にわなを仕掛けて捕獲した」と容疑を認めている。5月、男性がベランダでメジロを飼っているのを見た付近住民が同署に通報。家宅捜索で発見された。男性は「さえずりを競わせる『鳴き合わせ会』にも出たいと思っていた」とも話したという。

 鳥獣保護法は、学術研究目的で都道府県知事の許可を得た場合を除き、メジロの捕獲を禁止している。かつては地元の自治体に届け出をすれば1世帯1羽を捕獲・飼育できたが、2012年4月から禁じられた。

 飼育されていたメジロは岡山県鳥獣保護センター(同市北区京山)で保護されており、今後放鳥される。
カテゴリ:

【事件・事故】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.