文字

台湾の親日実業家、蔡焜燦氏死去 司馬遼太郎さんが紹介

 2016年12月、「台湾歌壇」であいさつする蔡焜燦氏=台北(共同)

 【台北共同】台湾で日本統治時代に生まれ、親日派で知られる実業家、蔡焜燦氏が17日朝、老衰のため台北市内の自宅で死去した。90歳。親族が明らかにした。司馬遼太郎さんの著書「街道をゆく 台湾紀行」で案内役を務め「老台北(ラオタイペイ)」と紹介されたことがきっかけで日本でも有名となった。

 1927年、現在の台中市で生まれ、日本語で教育を受けた。旧日本陸軍に志願し、日本で終戦を迎えた。

 台湾に戻った後は、体育教師のほか、船舶会社代理店の営業マン、電子機器会社を創立し、長年会長を務めた。台湾の日本語世代を代表する人物の一人だった。
カテゴリ:

【国際】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.