文字

小長啓一元通産事務次官(16)事務次官 最優先政策は技術開発

 1984(昭和59)年6月、私は通商産業事務次官に就いた。地方大学出身者では初めてのことだった。その後、ともに同郷で岡山大学の学友でもあった奥山雄材氏が郵政事務次官、吉永祐介氏が検事総長になったため ...

この記事は会員限定です。
電子版にご利用登録後、ログインして全文をご覧頂けます。

【人生を語る】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.