文字

湯郷ベル主将の加戸由佳が退団 倉敷出身、日本代表選出も

加戸由佳

 サッカー女子・なでしこリーグ2部の岡山湯郷ベルは28日、主将のDF加戸由佳(27)=倉敷市出身=が16日付で退団したと発表した。

 加戸は多津美中2年の2004年、湯郷ベルに加入し、進学先の作陽高に通いながらプレー。身体能力の高さを生かしFWやDFを務め、13年には日本代表「なでしこジャパン」に選出された。なでしこリーグ戦(1、2部)は通算200試合出場、37得点。

 加入14年目の今季は主将に就任。一方で昨年手術した膝のリハビリに努めており、試合出場はなかった。復帰時期のめどが立たなかったことなどから退団に至ったとみられる。今後については未定という。

 加戸は「チームの力になれなかった自分の力のなさをふがいなく思います。これからは、私らしくがむしゃらに頑張っていきたい」などとコメントした。
カテゴリ:

【スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.