文字

イオン岡山で初の「木材フェス」 木製品展示や伝統工法の体験

伝統的な建築手法で小屋の組み立てに挑戦する子どもたち

 岡山県の森林資源の豊かさや木製品の魅力をPRする初の「おかやま木材フェスティバル」(県木材組合連合会主催)が24日、岡山市北区下石井のイオンモール岡山で始まった。25日まで。

 佐田建美(真庭市下方)の木製スーパーカー、昨年度のウッドデザイン賞を受賞したイマガワ(津山市押入)の格子戸など、県内の家具・建具メーカーが木製品を出品。くぎを使わない伝統的な建築手法で小屋を組み立てる体験コーナーや、貯金箱などを作る木工教室もあり、子どもたちがスタッフの助けを借りながら真剣な表情で製作に挑んでいた。

 家具や雑貨も販売しており、小鳥のブローチを購入した会社員女性(33)=岡山市北区=は「木の香りと手触りに癒やされます」と話していた。

 25日は午前10時~午後7時。入場無料。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.