文字

文科省、教員の勤務管理見直し 長時間労働の解消図る

 松野博一文科相

 学校教員の長時間労働の解消を図るため、おろそかになっているとの指摘のある教員の勤務時間をどう管理するか、文部科学省が中教審に改善策の検討を求める方針であることが19日、同省への取材で分かった。松野博一文科相が22日の中教審総会で諮問書を提出する。

 公立学校教員は仕事に創造性が求められ、勤務の内外を切り分けるのは適当ではないとの理由で、時間外手当を支給しない代わりに、本給に一律4%を上乗せする特殊な給与制度で、無制限の時間外勤務を招いている側面があるとされる。中教審が実効性のある改善策を示せるか注目される。
カテゴリ:

【社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.