文字

教室華やか 浴衣姿で特別授業 総社高生が伝統文化を体感

浴衣姿で授業を受ける総社高家政科3年生

 総社高校(総社市総社)の家政科3年生39人が19日、浴衣姿で授業を受け、日本の伝統文化を体感した。被服の授業の一環。

 生徒は午前中、浴衣の着付けや作法を習い、持参した浴衣を自分で着た。午後の授業では、浴衣姿の三谷昌士校長から、古今和歌集をテーマに日本語の美しさなどを学ぶ特別授業を受けた。

 浴衣にはアサガオやアジサイ、ユリなどの柄があしらわれ、生徒は休み時間に教諭から写真を撮ってもらうなど、特別な1日を楽しんだ。

 生徒女子(17)は「浴衣は通気性が良く涼しい。背筋が伸びる気がする」、別の生徒女子(17)は「教室の中が華やかな雰囲気。新鮮に感じる」と話していた。

 同高は2015年度から、浴衣を縫う授業もある家政科の3年生が年1回浴衣姿で過ごしている。
カテゴリ:

【教育】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.