文字

スペイン代表が環太平洋大で合宿 女子柔道、7月10日から

 岡山県と岡山市は8日、女子柔道のスペイン代表チームが7月10~26日に環太平洋大柔道場(同市東区瀬戸町観音寺)で強化合宿を行うと発表した。

 昨年のリオデジャネイロ五輪に出場したマリア・ベルナベウ選手(70キロ級)ら選手13人とコーチ1人が参加する予定。県によると、同大はリオ五輪出場の梅木真美選手(現ALSOK)ら有力選手を多く輩出していることから、スペイン代表チーム側から打診があったという。7月16日には同市内で柔道教室を開き、小学生らと交流する。

 県は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、関係自治体や競技団体と連携してトップアスリートのキャンプ誘致を進めており、同2~5日にはラグビー7人制女子の日本代表候補が美作市で合宿を行う。
カテゴリ:

【各種スポーツ】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.