文字

玉野商業「商工高」に校名変更 工業系学科18年度新設で市方針

 玉野市は1日、市立玉野商業高校(同市玉)の校名を、2018年度から「玉野商工高校」に改める方針を公表した。工業系学科「機械科」(仮称)の新設に伴う変更。校名変更のための条例改正案を8日開会の6月定例市議会に提出する。

 機械科新設は、市の基幹産業である造船など製造業の担い手を確保するのが狙いで、市教委が設置に向けた準備を進めている。定員は1学年40人を予定。実習には三井造船玉野事業所(玉野市玉)の技能研修センターを活用する。同事業所など市内で製造業に従事するベテラン作業員も生徒を指導する。

 市と市教委は16年4月、地元企業の代表者らを交えた「市立高校在り方検討プロジェクト会議」を設け、新学科のカリキュラムなどを協議。条例改正案が可決されれば、7月中にも県教委へ学科新設の認可申請を行う。新設が決まると、県内の公立高校では矢掛高の地域ビジネス科(11年度)以来となる。

 玉野商業高の学科は現在、ビジネス情報科(定員1学年160人)のみ。学科新設に伴いビジネス情報科の定員を40人減らすため、総定員160人は変わらない。
カテゴリ:

【教育】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.