文字

精神障害者自立支援でビール造り 倉敷に「新マインド作業所」

製麦プラントなどの設備がお披露目された「新マインド作業所」

 精神障害者の自立を支援するNPO法人「岡山マインドこころ」(倉敷市真備町箭田)が建設を進めていた地域活動支援センター「新マインド作業所」(同所)の開所式が24日、関係者や地域住民らが参加して行われた。

 新作業所は同法人の本部・真備竹林麦酒醸造所から約500メートル東の旧山陽道沿いにある。敷地面積は約800平方メートルで、木造平屋約190平方メートルの建物に、ビール用の麦芽をつくる製麦プラント、ドライフルーツ加工場と、子ども食堂、ユニバーサルトイレなどの施設・設備を備える。

 製麦プラントでは、地元産の大麦を使った麦芽を製造。これまでビール(発泡酒)製造に使う麦芽を外部購入していた同法人運営の同醸造所で使用し、新たな純地元産ビール(同)の開発につなげる。

 ドライフルーツ加工場では、地域特産のピオーネやマスカット、桃などの加工品生産を手がけていく計画。

 同作業所で行われた開所式には、関係者ら約70人が出席。多田伸志代表理事が「障害者らが安心して生活できる就労支援と、優しい地域づくりを目指す市民交流の拠点にしたい。純地ビールなど新たな地域特産品開発もぜひ成功させたい」とあいさつし、参加者らに施設をお披露目した。
カテゴリ:

【医療・福祉】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.