文字

テレ東『ガイアの夜明け』15周年、江口洋介&杉本哲太がコメント

 テレビ東京系で放送されている経済ドキュメンタリー番組『日経スペシャル ガイアの夜明け』(毎週火曜 後10:00)が、2002年4月の番組開始から15年を迎えた。10年から案内人を務める俳優の江口洋介、14年からナレーションを担当している杉本哲太がコメントを寄せた。

 江口は「2010年1月から案内人をやらせてもらっていますが、日本の政治や経済にものすごく振れ幅がある昨今ですので、見ている人たちにどういう風にテーマを伝えたらいのか、どこに寄り添ってくべき考ながら、今でも毎回、新鮮な気持ちでやらせてもらっています。『現場に足を運んで奮闘している人たちを実際にインタビューするのはどうですか?』と僕が提案したら、そのスタイルが採用されて。東日本大震災以降は『復興への道』というシリーズで毎年のように福島に行って、状況を伝えさせてもらっています」と振り返った。

 今後も「新入社員のような、まっさらでこれから社会に出ていく人たちにどういメッセージを伝えられるのか、意識したいですね。働くことの爽快さとか、自分が一生懸命になれるものを見つけてほしいですね。コミュニケーションがとりにくくなっていると言われますけれど、そういう部分が一番大事なんじゃかと思います。自信がある人は明いる! 自信と責任感と明るさ。自分も心掛けたいなと思ってます」と気を引き締めていた。

 杉本は「来月で4年目になりますが 、やっと少し感じがつかめたのかなと思います。ガイアで取材した人ちにVTRの中で出会うのが毎週ものすごく楽みで、僕自身も感動したりして原稿を読ませらっています。さらに滑舌に磨きをかけて(笑)、ガイアのスタッフの方の情熱をナレーションという形に変えて、さらに熱いものをお届けできたらと思っています。僕は100歳まで生きるつもりなので、今52歳、あと48年は最低やらせていただきなと(笑)」と意気込んでいる。

 番組では「ニッポン転換のとき」と題した15周年シリーズ企画を毎月1〜2回程度放送していく予定。

内田有紀&田辺誠一が“バカップル”に 実写『斉木楠雄のΨ難』山崎賢人の両親役 (17年05月19日)

もえあず、NEXCO東日本グルメアンバサダー就任 おすすめお土産を笑顔でアピール (17年05月17日)

尾上松也、連ドラ初主演 “スイーツ男子代表” 『さぼリーマン甘太朗』ドラマ化 (17年05月17日)

小泉孝太郎主演『ゼロ係』続編決定 松下由樹との“迷コンビ”復活 (17年05月16日)

SNSで話題の犬ネコの奇跡の動画&写真を徹底調査 (17年05月12日)
OriconStyle

【芸能】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.