文字

「戸別訪問で交通安全啓発」 岡山で県母の会連合会が総会

本年度の事業計画を決めた県交通安全母の会連合会の総会

 岡山県交通安全母の会連合会は19日、岡山市内で本年度総会を開いた。小学校低学年の歩行中の事故の多発、高齢者が県内の事故死者の過半数を占める現状を受け、子どもと高齢者を重点対象に啓発を進める事業計画を決めた。

 計画では、歩行中の事故で死傷した人の年齢が7歳をピークに6~8歳が多いことから、学期の初めや入学、入園時期を控えた年度末の安全運動を強化。高齢者向けにはLED(発光ダイオード)ライトなどの安全グッズ配布などで事故防止を呼び掛ける。

 総会には県内各地の母の会代表者ら約50人が参加し、石川三四会長が「交通安全は家庭からを合言葉に、戸別訪問による啓発に力を入れたい」とあいさつした。石川会長は任期1年で再任された。
カテゴリ:

【地域社会】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.