文字

新天皇即位は18年12月想定 来夏に期日、元号発表も

 天皇陛下(左)、皇太子さま

 政府は19日、天皇陛下の退位を実現する特例法案を衆院に提出した。退位と新天皇の即位は来年12月を想定し、成立後に準備を本格化。皇位継承に伴って改める元号は来年夏にも事前発表する構えで、退位と即位の期日決定と同時期に行う可能性もある。来週後半以降に始まる見込みの国会審議では「女性宮家」創設を巡る付帯決議の取り扱いが焦点だ。

 特例法案は皇太子さまの即位を実現する背景として、陛下の即位した年齢を超える57歳となり、国事行為の臨時代行など公務に「長期にわたり精勤」している状況に言及。政府は代替わりの具体的な時期について、準備状況を踏まえて判断する方針だ。
カテゴリ:

【政治】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.