文字

稀勢の里、危なげなく4勝目 白鵬と日馬富士6連勝で首位

 稀勢の里が浴びせ倒しで大栄翔を下す=両国国技館

 大相撲夏場所6日目(19日・両国国技館)横綱、大関陣が安泰。左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は危なげなく平幕大栄翔を浴びせ倒し、4勝目を挙げた。

 横綱白鵬は遠藤を押し出し、横綱日馬富士は碧山を寄り切ってともに6連勝。大関昇進を狙う関脇高安が関脇玉鷲に押し出されて初黒星を喫したため、全勝は横綱2人となった。

 大関陣はかど番の豪栄道が下手投げで小結御嶽海を下し、照ノ富士とともに4勝目を挙げた。

 両横綱を追う1敗は高安と平幕大翔丸、新入幕阿武咲の3人となった。
カテゴリ:

【相撲】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.