文字

田植え通じ新見高生と交流授業 思誠小児童「土の感触気持ちいい」

丁寧に苗を植える児童と生徒

 新見市新見の新見高の生徒と思誠小の児童の交流授業が12日、同高実習田であり、田植えを通して親睦を深めた。

 同高生物生産科2年28人と5年生68人が、はだしや靴下姿で田(6アール)へ。児童が「冷たい」「足がはまって動けない」などと声を上げると、生徒は優しく手を引くなどして誘導。一緒にあきたこまちの苗を数束ずつ丁寧に植え付けていった。

 男子児童(10)は「土の感触が気持ちいい。収穫が楽しみ」、男子生徒(16)は「小学生の笑顔が最高にかわいかった。責任を持って育てたい」と話した。

 今後、9月に稲刈りを行い、12月ごろには自分たちで収穫した米を味わうパーティーを開く予定。交流授業は、食べ物を育てる苦労を知ってもらおうと毎年行っている。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.