文字

玉野で就農希望の受講者募集 楽農塾 19日開講、栽培技術学ぶ

 玉野市内の農業関係者でつくる市地域農業再生協議会は、農産物の栽培技術を専門家から学ぶ「たまの楽農塾」を19日に開講する。新規就農希望の受講者を募集している。

 農業の担い手確保が目的。市内在住の65歳ぐらいまでの人を対象とし、定員は10人程度。研修終了後は道の駅みやま公園の農産物直売施設みどりの館みやまなどへの出荷を目指す。

 市民農園・荘内ひまわり農園(槌ケ原)を主会場に、2018年2月まで10回程度の研修で、夏秋ナスやホウレンソウ、コマツナなどの播種(はしゅ)・定植から収穫までを学ぶ。マルハチナシ、大薮みかんなど市内特産の果樹の収穫作業も体験する。講師は備前広域農業普及指導センターや岡山市農協の職員ら。

 受講料は5千円(資材代、ほ場借り上げ料など)。みどりの館みやま、各市民センターなどにある申込用紙を使い、10日までに事務局の市農林水産課(0863―32―5561)に申し込む。応募者が多かった場合は申込用紙の内容を基に選考する。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.