文字

庄原に癒やしのオープンガーデン 民家や民宿31会場を自由に散策

シバザクラやパンジーが咲き誇る農家民宿「百姓庵 紡」の庭園

 庄原市内の民家や民宿の庭園を一般公開する「庄原さとやまオープンガーデン 2017春」が市内31会場で開かれている。メルヘンチックな洋風の庭や落ち着いたたたずまいの日本庭園など、花と木に囲まれた癒やしの空間を自由に散策して楽しむことができる。6月11日まで。

 市内の花や庭づくりの愛好家でつくる「しょうばら花会議」が2011年から毎年春と秋の2回開催。長崎市出身の世界的な庭園デザイナー石原和幸さんも参加しており、国営備北丘陵公園(三日市町)に里山の魅力を凝縮した箱庭を手掛けている。

 東城町地区は、農家民宿「百姓庵 紡(つむぐ)」(同町久代)と国登録有形文化財・三楽荘(同町東城)の2カ所が会場。農家民宿の庭園は西洋の田舎風景をイメージした造り。ゆったりといすに腰掛けて花壇のパンジーや斜面のシバザクラを眺めることができる。経営者の名越千春さん(62)は「7年ぐらいかけて少しずつ花を飾ってきた。もっときれいにしたい」と話す。

 公開日は会場ごとに決まっており、パンフレットなどで確認が必要。問い合わせは花会議事務局の市観光協会(0824―75―0173)。
カテゴリ:

【地域の話題】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.