文字

塾通えない子支援へ無料勉強会 岡山大生、小学~高校生を対象

ふれあい勉強会で子どもを教える岡山大生=4月13日

 勉強する場所がなかったり、学習塾に通えなかったりする子どもたちのために、岡山大の学生が岡山市内で週3回、無料で宿題などを教える「ふれあい勉強会」を開いている。年の近い「お兄さん」「お姉さん」が対応する親しみやすさから、参加者に好評を得ている。

 きらめきプラザ(同市北区南方)で4月中旬に開かれた勉強会には、小学4年から高校2年までの10人が参加した。対する大学生は16人。子どもの隣に座り、ほぼマンツーマンで問題の解き方や考え方をアドバイスしていく。同市の高校2年男子(16)は「教え方が分かりやすく、フランクに話せるので楽しい。学校より質問しやすい」と喜ぶ。

 勉強会は同大のボランティアサークル「ろっと」と、不登校の子どもを支援するNPO法人「すたんど」(同市)の主催で、昨年10月にスタート。きらめきプラザで毎週火、木曜(午後6時~9時)に実施している。4月からは幸町図書館(同市北区幸町)でも毎週水曜(午後6時~8時)に行っている。

 「ろっと」代表の園田孝太さん(21)=農学部2年=は「子どもから『分かりやすい』『ありがとう』と言ってもらえると、達成感がある。自分が学んできたことが生かせてうれしい」。経済学部3年で「すたんど」理事長の野々宮聡大さん(21)は「より多くの子をフォローできるように、県内の子ども支援団体とのつながりもつくっていきたい」と言う。

 活動が継続できるよう現在、クラウドファンディングのサイト「レディーフォー」で教材費や会場費などを集めている。目標金額は18万円。23日まで受け付けている。

 勉強会などの問い合わせはろっとの園田代表(080―5288―8419)。
カテゴリ:

【教育】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.