文字

タンポポ丼和風カレーあんかけ シェフの家ごはん(13)

 今回と次回は家庭料理に欠かせない「ひき肉」がテーマ。ふわふわ卵のオムレツと炒めた野菜、カレー粉を隠し味にしたあんをかけた「タンポポ丼和風カレーあんかけ」、サクサク、ホクホクの食感が楽しめる「魚のフリットとジャガイモのアイオリ風」、塩昆布とお茶でだしをとる「お茶だし汁」の3品を、岡山プラザホテル(岡山市中区浜)の渡辺真副料理長に教えてもらった。



レシピ(各4人分)

▼タンポポ丼和風カレーあんかけ

調理の流れを動画でチェック(2分15秒)

材料
合いびき肉160グラム、パプリカ赤、黄各2分の1個、ピーマン3個、生クリーム(牛乳でも可)大さじ1、卵12個、三つ葉、塩、こしょう各適量
和風カレーあん用
水280cc、白だし40cc、カレー粉少々、水溶きかたくり粉適量

作り方
①フライパンを温め、サラダ油(分量外)を少し入れ、合いびき肉をそぼろ状になるまで炒める
②粗めのみじん切りにしたパプリカ、ピーマンを入れてソテー。塩、こしょうで味付けし、別の器に入れておく
③ボウルに卵を割り入れ、塩、こしょう、生クリームを入れ、泡立て器で白身が残らないようしっかり混ぜる
④フライパンに水を入れて火にかけ、沸騰する前に❸を漬け、ゴムベラなどでゆっくりかき混ぜる
⑤別の鍋に水と白だしを入れて沸かし、カレー粉を加え、水溶きかたくり粉でとろみをつける
⑥丼にご飯を入れ、❹をかけ、❶を彩りよく散らし、❺をかける。最後に三つ葉を載せる

ポイント
・冷蔵庫にある野菜で作れる
・卵に生クリームを入れる、80度の湯煎で、ゆっくり混ぜるとふわふわに仕上がる

▼魚のフリットとジャガイモのアイオリ風

調理の流れを動画でチェック(1分51秒)

材料
魚の切り身(鮭など)2切れ、ジャガイモ大1個、キュウリ1本、プチトマト4個、マヨネーズ40グラム、生クリーム(牛乳でも可)少々、おろしニンニク2グラム、塩、こしょう各適量

作り方
①耐熱皿にジャガイモを載せてラップをはり、電子レンジで加熱(目安は800ワットで5分程度)。熱いうちに皮をむく
②❶、キュウリを乱切りに
③魚の切り身を一口サイズに切り分けて塩、こしょうを振り、小麦粉(分量外)を薄くまぶす
④❸を180度の油で2~3分揚げる
⑤マヨネーズ、ニンニクを混ぜ、生クリームでのばしていく
⑥キュウリ、ジャガイモを❺であえる
⑦❹と半分に切ったプチトマトを❻に加え、さっくり混ぜる

ポイント
・ジャガイモは電子レンジで加熱してもホクホクに仕上がる
・魚は何でも合う
・食感の違う食材を入れるとよりおいしくなる

▼お茶だし汁

調理の流れを動画でチェック(1分36秒)

材料
ニンジン、タマネギ、キャベツなど冷蔵庫の残り野菜各適量、水720cc、お茶パック1袋(ウーロン茶以外)、細切り塩昆布4グラム

作り方
①湯を沸かす
②野菜をすべて細切りにし、沸騰した湯に入れる
③❷にお茶パックを入れる
④お茶の味が出たら、パックを取り除く
⑤塩昆布を入れる(塩昆布の量は好みで調節)

ポイント
・食材は何でもOK。冷蔵庫にある野菜、好みのお茶で試してみて

プロのアドバイスはこちら


【シェフの家ごはん】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.