文字

倉敷ご当地プレートはジーンズ 市在住の中村さんがデザイン

倉敷市のオリジナルナンバープレートのデザインと、考案した中村さん

 倉敷市は旧倉敷、児島、玉島の3市合併(1967年2月)から50周年を記念し、7月中にも交付を始めるバイク(50cc以下)のオリジナルナンバープレートに、同市が国産発祥の地とされる「ジーンズ」のデザインを選んだ。

 倉敷市在住の岡山情報ビジネス学院1年中村舞子さん(22)の作品。バイクのプレートは車両後部に取り付けられることから、デザインはジーンズのヒップ部分をイメージしている。

 ジーンズではブランド名が記されるパッチに「倉敷市」と入れ、タブと呼ばれる小さな赤いラベルに市域の地図と50周年を迎えた年を示す「2017」をあしらった。縫い目のステッチは点線模様で表現し、プレートを車体に取り付けるビスの部分にはボタンのイラストを添えた。

 市は23日に市内で開いた合併50周年記念式典で発表した。オリジナルナンバープレートは先着5千枚限定で交付する。

 デザインは昨年12月~今年2月、市民らから募集。657点の応募があり、倉敷らしさや親しみやすさ、独自性などを基準に市幹部らが審査した。

 中村さんは「繊維産業が盛んな倉敷市の魅力をもっと広めたいと思いデザインした。生まれ育ったまちのPRに貢献できることになり、大変うれしい」と話している。
カテゴリ:

【政治行政】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.