文字

独チームバス爆発で男拘束 株価操作で利益狙いか

 ドルトムントのチームバス=11日、ドルトムント(AP=共同)

 【ベルリン共同】ドイツ捜査当局は21日、サッカー1部リーグのドルトムントの香川真司選手らが乗ったバス付近で11日に起きた爆発の容疑者として、ロシアとドイツの二重国籍の男(28)をドイツ南西部で拘束した。当局は爆発で選手を負傷させて株価の下落を招き、多額の利益を得ようとした可能性があるとみている。

 当局によると、男は事件当日、ドルトムントの株に関連した金融商品をインターネットで大量購入した。株価が下落すれば利益を得られる仕組みという。事件を巡っては当初、テロとの見方も出ていた。
カテゴリ:

【国際】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.