文字

森田酒造が発泡性の日本酒発売 心地よい喉ごしと華やかな香り

森田酒造が発売した「本町 泡雪」

 森田酒造(倉敷市本町)は、発泡性の日本酒「本町 泡雪」を発売した。心地よい喉ごしと華やかな香りが特徴。同社が経営するセレクトショップ・平翠軒(同所)と、20日にオープンした複合商業施設「GINZA(ギンザ) SIX(シックス)」(東京)内の銀座平翠軒で取り扱う。

 酒を搾る際、最初ににじみ出る「荒走り」に炭酸ガスを充填(じゅうてん)。苦みが出ないよう調整して仕上げた。夏をイメージしたパッケージの通り、冷やすとより味わいが引き立つという。

 アルコール度数は14度。300ミリリットル入りで789円。約3万本の販売を予定する。森田昭一郎社長は「酒本来の香りを生かした。爽やかで飲みやすく、若い人にも気軽に楽しんでもらえるはず」と話している。問い合わせは同酒造(086―422―0252)。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.