文字

スーパーからポテトチップス消ゆ 北海道の原料不作で岡山でも品薄

商品供給が追いつかず、空きが目立つポテトチップス売り場=岡山市内のスーパー

 岡山市内のスーパーの菓子売り場。19日夕、ポテトチップスが並ぶ棚の一角が、ぽっかりと空いていた。今月中旬から一部商品の販売が急増し、仕入れが追いつかないという。

 品薄になった原因は、昨夏に北海道が受けた台風被害だ。原料のジャガイモが不作となり、大手菓子メーカーが販売終了や休止を相次いで発表したことから、若い世代を中心に購入者が殺到。カルビーでは定番の「フレンチサラダ」や中四国限定の「瀬戸内レモン味」が在庫限りで販売を終える。

 山陽マルナカ(岡山市)の仕入れ担当者は「問屋に発注しても、ほとんど商品が入らない。これほど売れるとは予想していなかった」。カルビーは「復活を待ちわびる声が多く寄せられている。原料確保のめどが付けば、一部は供給を再開したい」とする。
カテゴリ:

【地方経済】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.