文字

京都・建仁寺で四頭茶会 岡山出身の茶祖・栄西しのぶ

古式にのっとり行われた四頭茶会=京都市・建仁寺

 臨済宗の開祖で喫茶の風習を中国から伝えた栄西(岡山市出身、1141~1215年)の誕生日を祝う四頭(よつがしら)茶会が20日、栄西が開山した建仁寺(京都市)で開かれた。全国から茶道愛好家ら約800人が参加し「茶祖」の遺徳をしのんだ。

 栄西禅師賛仰会顧問を務める山陽新聞社の越宗孝昌会長も出席。栄西を描いた軸などが飾られた方丈で、臨済宗建仁寺派管長・小堀泰巌(たいがん)老大師が法要を営み、茶席が始まった。

 4人の正客(頭)がそれぞれ8人の相伴客を伴って着座。客が茶わんをささげ持つと、僧が順に湯を注ぎ、茶をたてて回った。厳かな雰囲気の中、参加者は伝統にのっとった独特の作法を楽しんだ。

 同茶会は1954年から開催。千利休(1522~91年)が侘茶(わびちゃ)を大成する以前の古式茶礼を今に伝えることから、京都市登録無形民俗文化財になっている。

 23日には岡山市の後楽園で「栄西禅師賛仰献茶式・大茶会(栄西茶会)」(山陽新聞社など主催)が開かれる。
カテゴリ:

【文化】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.