文字

特別背任 元会社役員に逆転無罪 高裁岡山支部、無担保で貸し付け

 融資先に返済能力がないと知りながら無担保で約2億円を貸し付け、会社に損失を与えたとして、会社法違反(特別背任)の罪に問われた倉敷市真備町辻田、元会社役員岡井美幸被告(66)の控訴審判決で、広島高裁岡山支部は19日、懲役2年6月、執行猶予4年とした一審岡山地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 判決理由で大泉一夫裁判長は、融資先の事業の状況から「提供資金の回収や取り引き拡大により自社の利益が得られると期待して貸し付けている。一応の根拠があり、不合理ではない」と指摘。その上で、自社の利益を図る目的を否定した一審判決の評価を「是認できない」と述べた。

 被告の弁護人は「当然の結果」と話し、広島高検岡山支部は「判決内容を詳細に検討し、適切に対応したい」としている。

 判決では、倉敷市の土木工事請負会社の取締役だった2008年7~8月、回収が難しいと認識しながら、大阪府の健康食品会社に新商品の開発資金として3回にわたり計約2億円を無担保で貸し付け、自社に損害を与えたとして14年7月に起訴されていた。
カテゴリ:

【事件・事故】の最新記事

ページトップへ

ページトップへ

facebook twitter rss

▼山陽新聞社運営サイト
さんデジタウンナビ | 岡山の医療健康ガイド | マイベストプロ岡山 | 47CLUB | さん太クラブ | おかやまリフォームWEB | LaLa Okayama
山陽新聞カルチャープラザ | 建てる倶楽部 | 山陽新聞進学ガイド | 山陽新聞プレミアム倶楽部 | まいられぇ岡山 | 囲碁サロン
▼関連サイト
47NEWS | 今日のニッポン
掲載の記事・写真及び、図版などの無断転記を禁じます。すべての著作権は山陽新聞社、共同通信社、寄稿者に帰属します。

Copyright © The Sanyo Shimbun. All Rights Reserved.